先生、こんなことをやってみたいと思っていませんか?

✓生徒さんに、将来使えるスキルとして、ミュージックベルの授業を取り入れたいと思っている!
✓生徒さんが保育園訪問する際に、ミュージックベルをお子さんに教えられるようになったら良い経験になると思う!
✓ 生徒さんが介護施設訪問する際に、ミュージックベルを利用者様に教えられるようになったら良い経験になると思う!
✓チームビルディングの授業の一環としてミュージックベルを使ってみたいと思っていた!
✓楽譜が読めない生徒さんでも、ミュージックベルなら演奏できないかな、と思っていた!

その想い、「ハンドベルひらがな演奏®」がお手伝いできるかもしれません!


「ハンドベルひらがな演奏Ⓡ」とは私、大野由貴子が考案した楽譜が読めない人でもその日のうちに楽しくみんなで演奏ができるようになる、ハンドベルの演奏方法です。

このような楽譜なので、音符や音楽に慣れていない方やお子様でも楽しくハンドベルを演奏することができます。

このノウハウを、授業に取り入れたいというご要望の保育系・福祉系の学校様からのご依頼を最近多く頂いております。

【曲目】
ふるさと
ゆうやけこやけ
きよしこの夜
アメイジンググレイス
大きな古時計

計5曲を収録

授業の一例

①ハンドベルについて

②グループで演奏
(教本の使い方の説明無し)

③グループディスカッション

④各グループの演奏披露

⑤まとめ


※学校にミュージックベルが無くても、こちらでご用意いたしますので、ご安心下さい

授業開催までの流れ

  1. まずはご連絡をお願い致します
  2. 事前打ち合わせ。
    私が学校にお伺い致します
  3. 当日。
    生徒さんの持ち物は筆記用具のみで構いません(色鉛筆・カラーペンがあれば尚可)
    楽譜が読めなくてもご安心ください

料金

1回(2時間)¥50,000(税別)

※別途、ひらがな演奏®の教本(1,600円+税)をグループの数をご購入お願い致します
※富士市・富士宮市以外は交通費が別途かかります

授業風景

生徒さんからの感想

ハンドベルは全部同じ音だと思っていたけど、中の部分がゴム製だったりプラスチックのものだったりすることで、音が柔らかい感じの音になったり鋭くなったりといろんな顔があるんだなと感じることができてすごく貴重な体験だった。
色によって音が違うハンドベルでは楽譜ではなくて、ひらがなで書いてあるから何が何だか分からなくなってとても難しかった。
対象年齢がひらがなを読める年長さん位の人からお年寄りまで、ひらがなが読さえすれば誰でも簡単に演奏をすることができるところが魅力的で、ハンドベル以外でこんなステキが楽器があるのかなと思った。
協力して演奏することができて、音が合わさった所の感動が感じることができて、アイスブレイキングとかでやっても面白そうだなと思った。


ハンドベルの演奏、今まで見たことはありましたが、やったことは初めてだったし難しいのかなと身構えていました。
ですが、思ったより簡単で、すぐにできるようになれたことが楽しかったです。
私も楽譜は多少読めますが、このひらがなハンドベルで大切な事は、音符が読めて的確に演奏することではなく、一緒にやる人たちと息を合わせて一つの曲に仕上げることなんだと知りました。
きれいな演奏も良いですが、簡単で比較的誰でもできるのがこのひらがなハンドベルの魅力だと言うことをもわかりました。
このひらがなハンドベルを通じて音楽と言うものに興味が持てたり、楽しさに気づいてくれたりを幼稚園・保育園児に教えてあげたいなと思いました。
1人じゃできないけれど、みんなと一緒ならできると言う考えも身に付けられると思うので、今回本当にやって良かったなと思いました。
また機会があったらやりたいし、教えてあげたいです。


私はハンドベルを触ったことがなかったので、とてもいい体験になりました。音の聴き心地がとてもよく、心が清らかになりました。ハンドベルは1人で出来ず、みんなで出来るから他人と仲良くなれそうだなと思いました。また、音が1音だけではなく重ね、和音を作ることでまた違う音になり、響きや歌がまた綺麗に聞こえるということがわかりました。ハンドベル、トーンチャイム、ミュージックベルと、それぞれ個性があり、カラフルなものや音がまろやかでこもって聴き心地の良いもの、イングリッシュベルなど重くて音がずっしりしているものがあることがわかりました。イングリッシュベルなど普段なかなか触れないであろうものを触らせていただき、とてもいい体験になりました。ひらがなの楽譜は楽譜が読める人からすると、伸ばす音などわからないから逆に読みにくいが、ひらがなは小さい子もお年寄りの方も読め、気軽に読めるのでいいと思いました。また最初にみんなで歌いながら曲を確認することで、そこでも仲間との絆が生まれるなと思いました。


自分は吹奏楽部に入っているのですが、ハンドベルと吹奏楽って似ているなと話を聞いて感じました。どちらも1人では曲は完成しません。楽譜がひらがなという身近なものに変わるだけで誰でも楽しむことができ、音楽の楽しさを知ってもらえるという良さがあると思いました。また知っている曲と言うことで、歌いながら演奏するというハンドベルならではの演奏法を体験できました。話し合う前に演奏したのと話し合い後に演奏したのでは完成度の違いを体験し、人とコミュニケーションをとる大切さを改めて実感することができました。


ハンドベルを初めて演奏して、初めは音のリズムが分からなくて難しかったけど、チームの友達とアドバイスをし合って、歌を歌いながら演奏したり、聴き手の方で多い音を鳴らしたりして、上手に演奏することができました。歌を歌いながら演奏するととてもやりやすかったです。2つ連続で鳴らすところは、焦ってしまうし、難しかったです。強く鳴らすと中の玉がはねかえってきてしまうので優しく鳴らすといいことがわかりました。ハンドベルはテレビで見たことがあって、難しそうだなと思っていたけど、楽譜がひらがなで読みやすく、小さい子でも楽しめると思いました。私自身もハンドベルがこんなにも楽しいものだと気づけてよかったです。とても楽しかったです。


「ひらがなだけで演奏」と聞いて、曲が成立するのかなと思っていたけど、しっかりした曲ができたのですごいと思いました。一番最初にハンドベルで演奏するとなった時に曲がわからなかったけど、同じ班の子が「歌いながらやろう!」と言って、口ずさみながらやってくれたのでとても助かりました。楽譜が読めない音楽未経験の人も、小さい子もお年寄りもみんなで協力しながら楽しめるのは、これからの授業で施設に行った時に、施設の方と心の距離が縮まると思います。みんなと協力したりして、とても楽しい2時間になりました。


小学生の時にハンドベルをしたことがあるが、ハンドベルの魅力というものがわからずにただ鳴らしていたけど、今回の講義でその魅力のところを学べた。ハンドベルはスーパー、ゴールド、カラー、イングリッシュベルだと、重さや音の違いが大きくわかり、とても楽しくできた。大きな古時計の演奏をしてみて、自分のパートが多く少し難しかったけど、他の人と重なったときのハモリなどみんなで一つの曲を完成できた時の達成感を得られることが、ハンドベルの良さの1つだと感じた。子供と一緒にハンドベルをするときの仕方なども教えていただいて、やる機会がある時に教えられるようになりたい。イングリッシュベルの綺麗な音が一番印象が強く、耳に残る音で1つの楽器としてみんなに知って欲しいと思った。


反省 メモしたこともそうですが、ひらがなだから音符が読めない私からしたら、簡単に見えたけど、意外とタイミングがうまくつかめなかったです。3回つなげて振るところや両手で何度も1人でするところがあって、1人ではできないし、曲の速度がちゃんと理解できていないところがあったなと思いました。 感想 ハンドベルを小学校ぶりに手に取りました。ひらがな演奏は、初めてで、見方とか気にぜずそのままできたのでとても簡単でしかもみんなで楽しくできたなと感じました。いろんなポイントがあって難しい部分は苦戦しました。でも何度もその部分だけ練習してみよう、とか、歌いながらテンポを合わせるなど工夫できたところも多くありました。誰でもできるというところがまずハンドベルのひらがな演奏の大きな強みだし、私たちはこれからいろんな世代の方と系列で関わるので、何か遊ぶときはハンドベルを取り入れたいなと思いました。


ハンドベルで、こんなに綺麗な演奏ができるとは思っていなかったので、すごいなと思いました。1人1人役目があって、欠けてはならないので、協力して練習することで、達成感がすごいし、音楽を通して絆を深められると感じました。種類もいろいろあり、得意、不得意関係なくできるので、みんなで楽しむことができて、とても良いと思います。今まで、ハンドベルに注目したことはなかったけれど、たくさんの良いとこを知ることができてよかったです。この経験を生かして、いつか子供たちと一緒に演奏できたらいいなと思います。


ひらがな演奏は思ったより楽しかったし、簡単だった。楽譜が読めなくてもできるのはいいなと思った。ハンドベルによって音や重さが違ったのは驚いた。全部同じだと思っていた。実際にやってみて、歌詞がわからないとできないけどみんなと歌ってみたり、ゆっくりやったり、合わせたりすることでできるようになった。みんなと協力することが大切だと思った。もう少し落ち着いてやればよかった。


部活動で合わせるということを日常的に行い、音を合わせるときは、指揮やメトロノームなどが必要でした。しかし今日はアイコンタクトや歌などアンサンブルで合わせ、その大変さ、また新しい楽しみ方ができると思いました。またベルによって音の響き、高さが異なり、そこもまた違う楽しみ方ができると思いました。ひとりでやる音楽より、何人もの人と奏でる音楽の一体感が感じられました。


音符もなく、ひらがなだけで、歌を演奏することができたのですごいなと思いました。みんなで合わせて、1つの歌を完成させるので、間を合わせたり、失敗しないようにという緊張感があったりしたので難しかったです。でも、少し合わせて練習しただけで、綺麗な演奏をすることができました。みんなで。きれいに演奏できた時の達成感が大きかったり、演奏している方も演奏を聴いている方も笑顔になったり、ハンドベルっていいなと思いました。この、ひらがなハンドベルは、小さい子や高齢者など、色々な人ができるので、距離が近くなれると思いました。とても楽しく、学ぶことができたのでよかったです。


ハンドベルの見た目にはそこまで差がないのに、鳴らしてみると音が全然違い、鳴らしやすいもの、鳴らしにくいものとあって楽しかった。スーパーのハンドベルの音が個人的には一番好きで、音がこもりやすいのか、とても難しかったです。1人だけで演奏すると曲にならないけど、全員で協力して音を合わせることで、きれいな音を奏でて曲になるところに感動した。楽譜があまり読めない私でもひらがなの楽譜で楽しく演奏できて良かった。とてもいい経験になった。


ハンドベルは幼稚園の時にやったことはあるけど今回は自分たちで話し合って工夫して、自分たちだけの演奏をすることができて良かったです。私の班は歌いながら、利き手の方に鳴らす音が多いベルを持つという工夫をして、協力してやりきれました。ハンドベルの中でもひらがな演奏は楽譜が嫌いな人も小さい子でもできる、大人の手を借りずにできる、簡単な方法だとわかりました。そして、ハンドベルは、いくら自分のパートが少なくてもどれも必要な音で、「みんなでやる」ということの難しさや楽しさを感じることのできるもの、1人でなんでもやるという考えを変えてくれる素晴らしいものだと知ることができました。