『ひらがな演奏®』講座の感想

こんにちは。
静岡県富士市ハンドベルスタジオ・ワイズベルの大野由貴子です。

先日行った富士市小学校音楽科研修会『ひらがな演奏®』講座の感想が届きました。
抜粋して紹介させていただきます。

  • 皆さんと音を合わせることができ、本当に久しぶりに「合わせることの楽しさ」を味わいました。
  • 学校現場だけでなく、医療でも介護でも音楽で心をつなぐことができます。感激しました。
  • コロナの対応でなかなか集まれないので、短時間でできると言うメリットがあると思います。
  • 音楽の授業・演奏を通して子供たちが友達と関わりながら育ってくれたらなと思いました
  • 誰かと一緒に演奏することの楽しさを味わうことができました。
  • みんなで合わせることの楽しさをこれからも伝えて行けたらと思います
  • ひらがな演奏は子供たちの意欲を高め苦手意識を変えていくものだと思いました。
  • みんなで合わせる楽しさを味わうことができ、楽しかったです。
  • 楽譜がなくても演奏できるところがとても楽しかったです。
  • 誰もが困らず楽しめるユニバーサルデザインの視点も大切にしたいです。
  • 「合わせることの楽しさ」を子供たち一人一人が感じられるようにすぐ取り組みたいと思います。
  • ひらがな譜がとてもわかりやすく、子供でもすぐに取り組めそうで、とても参考になりました。
  • 1人で担当した時は、音色に集中して演奏でき、2人で同じ音を担当した時は、合わせる楽しさ、温かみ、ミスをカバーしてくれる嬉しさなど、その違いを感じることができました。
  • ハンドベルの可能性、素晴らしさを知りました。
  • ひらがなへ楽譜は、音楽への抵抗感、ハードルがなくなり、誰でも楽しめる手立ての1つだと思います。
  • みんなと協力して演奏できる体験を子供たちにさせてあげる機会が増えるといいなと思います。
  • みんなで一緒に取り組むことで素敵な演奏になることを体験できました。
  • 音楽授業で使えそうなアイディアを教えていただき、実践につなげていきたいと思います。
  • 優しく楽しくハンドベル演奏を体験でき、夢中になって取り組むことができました。
  • 優しい音色をみんなで協力してできるところが、子供たちにとっても魅力だと思います。
  • 一人ひとりに「できた」「上手くなった」と達成感を持たせられる素晴らしい方法だと思います。
  • コロナの影響で学習に制限がある中、ハンドベルでの演奏学習と言う引き出しを1つ増やすことができてよかったです。
  • 皆で合わせたときの音の響きも心地よく、子供たちにも体験してほしいと思いました。
  • 手軽にハンドベルを演奏することができる方法を教えていただき、すぐに実践してみたいと思いました。
  • 楽譜がいらないと言うことで、始めは「本当に?」と思っていましたが、実際に体験して、楽器が苦手な私でもとても楽しむことができました。
  • ハンドベル、すごい楽しい!
  • ハンドベルの演奏をもとに拍やリズム、フレーズ感、和音等の指導も可能になることにも気づきました。
  • 回を重ねるごとに素敵な音でみんなの息もあってきて、より素敵な演奏になっていく…この体験は素晴らしいことです。

たくさんの感想、とても励みになります。
ありがとうございました。

ひらがな演奏®とは>>

幼保育園・学校の先生向け『ひらがな演奏®』指導法講座>>